まちなかMaoとは


小学校に上がるまでに集団生活で必要な事や周囲とのコミュニケーション、社会性を身につけて、小学校生活にスムーズに移行できるよう支援し、共に就学準備を進める児童発達支援事業所です。
この度、小学生も受け入れ可能な放課後等デイサービス事業も開始しました。
障がいがあってもなくても、普通に暮らせるユニバーサルな環境を手に入れたい。
代表の松下が34歳・27歳になった自閉症の息子たちの成長の中で、やらせたくても出来なかったこと、本物を次世代に提供したくて”Mao(マオ)”を作りました。

代表 松下弘美

お知らせ

まちなかMaoは3月から
『放課後等デイサービス』 
を開始しました。

小学生のお子さまも受け入れ可能になりました。

おひとりで悩んでいませんか?



こどもが他の子どもとうまく遊べない。

日常的に子どもへの向き合い方に悩んでいる…。

健診や園などで発達相談を勧められた。

言葉の遅れが気になっている。


就学前の今が一番大切です。

一人で悩まずご相談ください。

【児童発達支援:保護者様からの評価 】

 【児童発達支援:自己評価】 

 【放課後等デイサービス:保護者様からの評価】 

 【放課後等デイサービス:自己評価】